燻製の販売と手作り体験教室 / 奈良・信貴山のどか村

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/yamato-jp/www/kunsei-margo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/yamato-jp/www/kunsei-margo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

体験教室の予約方法について

ホームページのお問い合わせフォーム・お電話・FAXご予約を受け付けております。
【体験希望日時】【希望コース】【参加者の年齢と人数】をご連絡ください。

当日の参加について

当日申込みで体験が可能な教室は、「手作りソーセージ教室」のみとなります。各開始時間の60分前までが受付の締め切りとなっております。ただし、予約優先となりますのでお断りさせていただく場合もございます。

ウインナーとソーセージの違い

一般的には
「ウィンナーソーセージ」
   …羊腸に詰め、直径20mm未満の物【オーストリア・ウイーン由来】
「フランクフルトソーセージ」
   …豚腸に詰め、直径20mm以上36mm未満の物【ドイツ・フランクフルト由来】
「ボロニアソーセージ」
   …牛腸に詰め、直径36mm以上の物【イタリア・ボローニャ由来】

また製品の水分量が55%以下の物を「セミドライソーセージ」
35%以下の物を「ドライソーセージ」といいます。

ソーセージの類似品として、原材料の重量の割合で
魚肉及び鯨肉が15%以上50%未満なら「混合ソーセージ」
50%以上なら「魚肉ソーセージ」と分類されます。

クール便の対応について

お手数をお掛けいたしますが、
3月〜11月は商品選択時に必ず「クール便をご選択」の上ご注文ください。
12月〜2月はクール便での配送をご希望される場合のみご選択ください。

発色剤について

発色剤(亜硝酸ナトリウム)は怖いと聞きますがどのようなものでしょう。

発色剤の役割は
1. 原料である肉の発色を固定させる。(着色剤は使用せず)
2. 原料肉の獣臭を消し風味を引き出す。
3. 細菌の増殖を抑える。(ボツリヌス菌の増殖の抑制)

発色剤を使用せずソーセージを製造した場合、加熱した肉そのものの色となり、日保ちせず肉のそのものの臭いが残ります。
日本の食品衛生法で決められている亜硝酸根(亜硝酸の残存量)は、1Kgに対し0.07g以下と定められています。
またアメリカの長期動物実験では、亜硝酸塩には発がん性や遺伝的毒性はないと報告されています。
あらゆる店頭で販売されている、ハムやソーセージは厳しい検査を合格した商品ですので安心してお召し上がりください。

加熱殺菌方法について

1. 低温殺菌
63℃〜65℃で30分間殺菌すると、栄養価・風味はほとんど損なわれず、病原菌はほぼ殺菌される。ただし芽胞を有する細菌は死滅しない。低温保管等、菌の増殖を抑える条件を併用することが必要とされる。

2. 煮沸殺菌
100℃で5分間煮沸すると細菌は死滅するが、包装をして二次殺菌を行う必要がある。

3. 高圧蒸気殺菌
121.5℃(2気圧で達成)で20分間殺菌すると、芽胞でも1回の処理で殺菌できる。レトルト食品はこの条件もしくは同等の効果がある方法を採っている。

白い華®(白カビ熟成ソーセージ)

白い華®は当店のみが使用できる「白カビソーセージ」の名称です。

白カビとは皆さんご存知の抗生物質「ペニシリン」に含まれるペニシリウム菌のことで、カマンベールと同系統の菌です。
特徴としては保護菌として働き、他の雑菌を寄せ付けず腐敗を防止します。
この白カビの力でソーセージの脂肪やタンパク質を分解・熟成させます。熟成期間は約3週間で独特の香りとまろやかな味に仕上げることができ、生ハムとチーズを一緒に食べたような食感となります。

カビ付けの技術や熟成の手間が必要なため、一般の店頭ではほとんど見ることができない商品のひとつで「幻のソーセージ」と呼ばれるようになりました。

白い華®は薄くスライスしてそのまま、ワインのお供としてお召し上がりください。必ずご満足していただける商品と確信しております。

手作りウインナー教室での工程について

手作りウインナー教室では、ご自分の作られる作品にフルネームを書いた名札をつけていただきます。
ウインナーには豚モモ肉のミンチを使ったネタを羊腸に充填します。

大きくは、下記の3工程となります。
1. ネタ作り
ミンチ肉、香辛料等を撹拌。
2. 充填作業
次のヒネリ作業のことを考え破損しないよう、8割程度の詰め具合で充填。
3. ヒネリ作業
羊腸を好きな長さにヒネる。

出来上がった作品をお預かりし
65℃〜70℃で約20分乾燥
75℃で約25分でボイル
冷蔵庫にて5〜7分程度冷却し真空パック となり

体験時間はおよそ1時間
作品のお渡しはさらにその1時間後が目安となります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
【営業時間】
現在、体験教室等の受付は休止させていただいております。

営業日カレンダー

PAGETOP
Copyright © 手作り燻製工房 マーゴ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.